失敗しない業者の選び方/フローリング・リペア・補修・壁・家具傷直し・埼玉・東京・千葉・神奈川|アートブレーンズ

HOME > 失敗しない業者の選び方

失敗しない業者の選び方

リペア経験18年の私、加賀原光太朗が経験上、お伝え致します。

知らないと大変痛い思いをします。当社で、何件も直しに行きました。

以下をご確認いただき、業者選びで失敗しない方が一人でも多くなれば幸いです。

依頼する際は、必ず事前に電話でやり取りをしてください

その際、電話で応対してくれる人が、リペアの職人である事が大事です。
そうでない場合は、変わってもらって職人さんと話した方が話し早いです。

また、直せる自信が、あるかどうかが大事です。
やってみないとわからないと答えられた場合は、依頼しない方が、無難です。

補修に来てくれる技術者が、どれ程のキャリアのある職人か?

リペアの経験年数を聞いてください。
※経験年数が、少なくても、師匠が、責任をとってくれる状態であれば、問題は、有りません。

補修料金の安い業者には、要注意です。

何故、安い業者には要注意かというと、技術に自信が無いと、安い金額しか、提示できないからです。

まったくわからなくなりますか?と聞いてください。

その時にどう答えるかで、おおよその技術力がわかります。
はい。わからなくなりますと応えたら、超ベテランか、偽物です。
その時に、劣化についての説明をしっかりしてくれる業者であれば、大丈夫です。
部分補修は、必ず劣化します。劣化の進み具合に違いが出てきます。その説明は、経験が無いと話せません。
そして、劣化したとしても、絵になる補修のできる業者さんも、稀に居ます。超ベテランです。

補修料金の適正価格の基準について

従量制の料金体系を提示している業者はオススメです。

補修の料金体系には、2種類あります。人工制と従量制です。
人工制は、半人工、1人工です。
一般的には、半日¥18,000〜 平均\25,000
全日¥35,000〜 平均\40,000 が、普通です。

従量制はカーコンビニの様な感じで、傷の箇所に直す技術料が決めてある料金体系です。
この料金体系でやっている補修業者は、極めて少ないです。
何故かというと、仕上がりの精度が半端なく高くないと運営していけず、
そこまで、技術力のある職人が少ないからです。

もし、ちゃんとした補修をやってほしいという要望が有るのなら、
従量制の業者をオススメ致します。その場合は、人工制より、少し高めになります。

技術者によって、補修のスピートと精度は異なります。

当社の場合の実例です。
◯例えば、扉の穴補修の場合 木目有¥35,000〜(作業時間3時間程度〜)単色¥25,000〜(作業時間2時間程度〜)
◯例えば、フローリングのシミ補修の場合
何ピースにかかっているかによってかわる ¥25,000〜(作業時間2時間程度〜)
◯例えば、フローリングに冷蔵庫の引きずり傷の補修の場合 ¥25,000〜(作業時間2時間程度〜)
◯例えば、人工大理石の欠け補修場合 大きさ場所によって変わる ¥30,000〜(作業時間2時間程度〜)
◯例えば、サッシの凹み補修の場合 ¥25,000〜(作業時間2時間程度〜)
◯例えば、ステンレスの凹み補修の場合 ¥60,000〜(作業時間4時間程度〜)
◯例えば、高級スピーカーの傷補修の場合 ¥60,000〜(作業時間3時間程度〜)
◯例えば、ハーレーダビッドソンの傷補修の場合 ¥80,000〜(作業時間6時間程度〜)
◯例えば、キッチン対面カウンターの傷補修の場合 ¥25,000〜(作業時間2時間程度〜)
※全て、その箇所に金額の相場が、あります。詳しくは、お問合せください。

下記の会社は特には、要注意(依頼しない様に気を付けてください。)

・写真を撮って送っても料金が不明確
・やってみないと、金額は言えないと対応される
・直るかどうかも、やってみないとわからない。やった経験も無い。

その様に対応する業者には、依頼しない方が、良いと思います。

信頼出来る優良なリペア業者とは

・実績件数の多さとお客様の評価が高い事
・補修をする人が見積をしてくれる。写真を見て金額が即答できる人(写真の写り具合によっては金額に幅がでる)
・経験年数が少なくても、師匠が責任をとってくれる関係であれば問題は有りません。
・電話で補修可能かどうか即答できる。
・仕上がり具合に関しても、やって見ないとわからないと言う言葉を使わない業者
・当社なら、補修出来ますと言い切る事ができる業者。
・スタッフは、1人か少人数制でやっていて、ベテラン揃いが好ましい。
・スタッフが、多い会社場合職人によって、上手、下手の当たりハズレがどうしても出て来てしまう。
・上手なリペア業者は、常に忙しいので、予約になってしまうが、仕方ない。

以上をふまえて、リペア業者をお選びいただければ、宜しいかと思います。

お問い合わせはこちら

このページのトップへ